波宇山 明順寺(みょうじゅんじ)は真宗大谷派の寺院です。
本山は京都の東本願寺。宗祖は親鸞聖人。浄土真宗「南無阿弥陀仏」の教えです。

明順寺で「仏前結婚式」

「仏前結婚式」は、仏さまの尊前で夫婦となることを誓いあう儀式です。お二人の出あい、結びつきは、まさに不思議なご縁といわざるを得ません。その尊さ、ありがたさ、もったいなさを、確かめあいたいと思います。

明順寺での「仏前結婚式」は、お二人だけの挙式から、親族・友人に参列していただけるものまで可能です。詳細につきましては住職にお問い合わせください。

「仏前結婚式」の次第

一、 合掌礼拝(がっしょうらいはい)
一、 勤行(ごんぎょう)
一、 司婚の言葉
一、誓いの言葉
一、念珠授与(&指輪交換)
一、新郎新婦お焼香
一、式杯
一、乾杯
一、司婚者祝辞
一、合掌礼拝

「仏前結婚式」の特徴

・尊前に朱色の「打敷(うちしき)」を掛けます。
・仏華(ぶっか)は松を真にして立てます。
・紅白のお餅をお供えします。
・蝋燭(ろうそく)は、和蝋燭のまわりに金箔(きんぱく)を貼ったものを使います。
・お二人には「念珠(ねんじゅ)」が授与されます。
・洋装・和装のどちらでも大丈夫です。

 

仏前結婚式